SSブログ

iphoneが湾曲画面になる?なぜ画面は湾曲でないといけないのか? [パソコン]

スポンサーリンク



アップルが湾曲画面のアイフォーンを開発中



もうすでにサムスンが曲面ディスプレイのAndroidスマートフォン「GALAXY Round」を発表しているが、それらに対抗するためなのでしょうか?


なぜスマートフォンの画面が湾曲していなくてはいけないのでしょうか?
やはり開発者たちは新しいものを追及してゆくものです。
なぜ湾曲画面の機器がいいのかその理由を考えてみました。



まず、アップル以外のスマートフォンメーカーはどんどん画面を大型化しています。 しかし、この大型化には限界があるでしょう。スマートフォンは片手で操作できなければ意味がありません。

画面を湾曲させることによって片手で持ってもグリップしやすく、かつ湾曲させることによって画面の面積を 稼ぐことができるということでしょうか?故ジョブス氏の考えではi phone かつてのサイズが片手で操作できる ベストサイズでありこれ以上でもこれ以下でもないというものでしたが、ジョブス氏亡き後、他社の大画面化の影響も受けてiphone5からは幅こそ変わらないものの縦長の画面にして画面面積を稼ぎました。



しかし、片手で操作するにはこれ以上大きくはできません。どうすれば幅を広げることができるでしょうか?

そこで考え出されたのが、湾曲画面なのではないでしょうか?


実際アップルも開発段階というあくまで噂ですし、サムスンやLG電子 が発表した湾曲画面の機器も 今後ユーザーによって使用され使用感などがより一層明らかになってゆくので現段階ではまだまだ 未知数ですが、スマートフォンで広い画面が利用できるということはいろいろな場面で可能性が広がりますよね。


また画面面積を稼ぎグリップ感を増すだけでなく、たとえばすでに発表されたサムスンのGALAXY Roundは湾曲画面を利用して、画面がオフの時にディスプレイを上に置き、左右に傾けると日時や不在着信などを表示したり、音楽再生中であれば左に傾けると前の曲、右に傾けると次の曲を再生するといった新しい操作方法を可能にすることにも役立つようです。






アップルも圧力の違いを認識できるようにタッチスクリーンセンサーの改良にも取り組んでいるようなので、もし湾曲画面のi phoneが登場したらその形状を利用した新たな操作方法があらわれるかもしれませんね。


また湾曲は強度を高める働きもあるのでしょうか? もっともどの方角から圧力がかかるかによって耐圧強度は変わるので一概には言えませんが、湾曲画面は強度もある程度向上するのかもしれませんね。


韓国のサムスン電子とLG電子が発表した湾曲画面を搭載したスマートフォンは 新しいタイプの有機ELを採用していて、スクリーンの底層に弾力性を追加して曲げても割れないようになっているようです。


いずれは紙のように折り曲げられる端末を目指しているとのことなので、iphoneの開発もそのような時代の流れと調和したものになってゆくのでしょうか?



技術が目まぐるしく進歩し変化してゆくのはとても良いことですが、名器と言われた機器がすぐに古くなり用無しになってゆくのはさみしいことですね。



私個人としてはiphoneの画面がまた変わったらアプリ開発者たちはまたその対応に追われることになるのでほんと、勘弁してほしいと思います。。。。変わるなら早めに発表してくださいねぇ~ アップルさん。

自慢できるネットビジネスである、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スマホアプリで月収50万円を稼ぐ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




ノウハウ無料提供
















スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。